スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Q-taro
 
[スポンサー広告
まったりと
インフルエンザ発症4日目。

タクは3日間続いていた熱も昨日の午後から下がりはじめ
今朝はすっきりお目覚め、すこぶる元気です。
家の中でも三人ともマスク生活、今のところダンナも私もセーフです。
でも、熱が下がって2日間は排菌するそうで登園禁止。(涙)
タクも外出禁止の厳命は理解してくれていて、いつもの休日であれば
「今日どこ行くと?」のうるさいくらいの質問もまだ聞こえてきません。
明日もういちど受診して登園許可がもらえれば水曜日からはいつもどおり・・・。
明日は病院帰りのドライブスルーくらいしてあげようかな。

心配していたタミフル服用後の変化は感じられませんでした。
でも薬を飲ませてやっと寝かしつけても、不安で目が離せず自分の入浴どころでは
なかったよ。
タクと二人の日中はひたすら二人でトランプとすごろく。うっかり私が勝ってしまったら
悔しくて泣く・・・もう一回・・・・疲れます。
いつもほど一人遊びをしてくれないのは、やっぱりウイルスのせいかしら・・。

土曜日、ダンナがいる隙に図書館に行って軟禁生活に備えタクの絵本と自分用の本を
数冊借りてきました。
目に付いたのが宮本輝。「流転の海」の続きでもと手に取ったのだけど、自分が
何部まで読んでたのか思い出せず、かといって第一部から読むほどのエネルギーは
なくて・・・・。
なのでとなりに並んでいたこちらを選びました。
「約束の冬」
約束の冬

この小説の中のキーワードは飛行蜘蛛
生まれたての蜘蛛の子が自分が吐いた糸にぶら下がって、風に乗り時には何千キロも
群れをなして飛ぶという現象があるんだそうです。それを飛行蜘蛛というらしいのです。

私、ムシが苦手。蜘蛛はもっとも苦手。
以前テレビで伊東四郎さんが、「庭先で転んだ拍子に手を突いてケガをし、その傷口のなかに
蜘蛛の卵が入っていたことがあって、しばらくして自分の掌の傷口から何百匹もの蜘蛛の子
が孵化してゾワーっといっせいに動き出した。」というおぞましい体験をされたのを聞いたこと
があって、それ以来、その光景を夢を見てうなされることがありますの。
あ、きっとこうやって文字にして打っているとまた夢に見るんだろうな・・・・。

もう小説読みながら、蜘蛛が群れて飛んでいく図を想像して失神しそうになりました。
でも、登場人物の相関関係とかおもしろくて続きは読みたい。度々登場する飛行蜘蛛に
ついてのくだりは飛ばして読みました。
きっと美しい風景として大事な大事な場面に登場しているのだと思うので、この小説の
意図は半分も理解できてないまま読破しましたが・・・。
・・・それでもおもしろかったです。登場人物が全員腹黒いところがちっともなくて
規律正しい人間ってのがありえんやろと、腹黒く思いつつも・・・。(私腐っているかしら?)

久々に宮本輝を読みました。
普段は本を読む時間があまりないのだけど、思いがけない休みでいい時間が取れました。
流転の海も第一部から読み返そうかな。
Posted by Q-taro
comment:0   trackback:0
[日々よもやま
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takutako.blog55.fc2.com/tb.php/6-0f75f2d5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。